本日は、途中大阪本校に相談受付と今後の打ち合わせをしたことを除いて、
今朝からずっと本試験の分析をしていました。
後は、夕方松本先生と仕事のLINEをしたぐらいです。

過去問との照合・・・・
テキスト(ミニマムテキスト)との照合・・・・
受験生の感想との照合・・・・

全体的な感想としては以下の通りです。

午前択一:昨年度よりストレートな問題が多く、基準点は上がる(※個人的な予想は、28問です)。
午後択一:登記法が解きづらい(※個人的な予想は、25問です)。
記述不動産登記法:第3欄での申請順位がイレギュラーで惑わされる。
記述商業登記法:論点が多く、じっくり考えた上で書ききれた受験生非常に少ない。

途中経過ですが、上記感想を抱きました。

記述で言えば、確かにストレートな論点も少なくなかったのですが、
午後択一の難化でペースを狂い、時間を乱されたと思います。

落ち着いて向き合うことができればそうでなくとも、
人生をかけた1年に1度だけしかない場では本当に大変です。

やはり司法書士試験は難関試験です。

専業講師(※司法書士試験の講師だけを職業としている)である僕は
1年の中、360日は司法書士試験と向き合っています(大げさではなく本当です!)。
基礎講座、中上級講座(択一・記述両方)、その他直前期講座、ガイダンス等々
を担当させていただいておりますので、
1年で何往復も様々な角度で司法書士試験の論点と向き合っています。

講師慣れして安易に簡単でしたね
とは、死んでも口にしたくありません。
※僕自身も不器用なタイプの苦労人なので痛いほど気持ちが分かります。

様々な思いの中で、本当に大変だったと思います。

心の底から思います。
本当にお疲れ様でした!

135339

※ランキングに参加しています。

にほんブログ村


7月度受験相談会を実施させていただいております。
電話相談等も可能ですので、お気軽にご利用下さい。
⇒ 
内容