PDCAサイクルとは、管理業務を円滑に進めるための手法の一つです。
PDCAは、具体的にはそれぞれ以下のワードの頭文字を指しています。

・Plan
・Do
・Check
・Action

この考え方は、司法書士試験受験生の今にピッタリ当てはまります。
※サイクルという言葉は、あえてはずします。
なぜなら2016年に必ず合格するため、サイクル(循環)する必要がないためです。

皆さんは・Planを立て・Do司法書士試験を受験しました。
次にやるべきことは・Check現状を把握し、・Action学習につなげることです。

この時期は、急いでDo勉強を再開するのではなく、
徹底的に現状の自分の立ち位置をCheckするようにして下さい。
正しいCheckができれば、後はActionにつなげるだけです。

つまり、正しくCheckができれば、その時点で
目標(2016年司法書士試験合格)は、50%以上達成できています。
なぜなら、後はそれにそってAction学習すればいいだけだからです。

自分に何が足りて、何が足りないのか?

次の記事で具体的に見ていきましょう。
8956
※ランキングに参加しています。
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

⇒ 7月度相談受付(大阪本校、対面or電話相談)
⇒ 書籍無料プレゼントのお知らせ
 
⇒ 昨年度受講生のお声