本当の意味で超直前期となりました。

何をすれば良いのか?

正直、迷いながらとりあえず勉強されている方もいらっしゃると思います。

では例年の合格者は何をしているのか?

例年の合格者、そして僕自身合格した年そうでしたが、
過去問及びテキストのどうしても覚えきれない箇所をひたすら丸暗記しています。

確かに、僕自身普段の講義では、制度趣旨・理由付けを本当に大切にしています。

制度趣旨・理由付けを意識した学習を心がけることによって、
記憶定着が促進し、論点間のつながりも見え、
未知の論点にも趣旨から考察することで対応することができるようになります。

何より、無機質な法律の勉強が楽しくなります。

ですが、今は超直前期です。

本当の意味での学問であれば、丸暗記はお勧めできないのですが、
資格試験という性質上、最後は暗記の力業でこぼれ落ちている知識を
とにかく本試験に持っていくことだけを意識して下さい。


とにかく至上命題は司法書士試験合格です。

そこは繰り返しますが、資格試験ですので割り切った考え方が大切です。

じっくりとした勉強は試験後に可能です。

応援しています!


他の受験生の方のブログはこちらからご覧いただけます。

にほんブログ村 にほんブログ村にほんブログ村



「2018年受験対策 ミニマムコンプリート基本講座」
⇒ 内容
⇒ パンフレット郵送御希望の方
無題

無題
⇒ 講座内容詳細

1234