無題
学習が進んでくると、今まで気にならなかったことに関して、
突如として気になることがあります。

そのことは、一つ上のステップに上がったという意味では、
本当に素晴らしいことです。
 
ですが、そこには落とし穴があるので気を付けて下さいね。

落とし穴とは、

”本試験の出題傾向と離れてしまうこと”

こうなってしまうと、
勉強はしているけれど得点に結び付かなくなってしまう
労多く益少なしの状態となってしまうため、非常に勿体ないです。

司法書士試験は、条文・判例・先例等を趣旨も含めた上でしっかりと記憶しているかどうか?
還元するとその点だけが問われる試験です。

・過去問知識の精度を高め(目標は90%強)
・+α(出題可能性の高い未出知識)を実績のあるテキストから修得する。
択一学習でいえば、上記2点だけです。

問題を解きながら、この場合はどうなるのだろうか?
等々、自身で問題論点を新たに作成する必要はありません。
それは、実務等で対処する別の世界でのことであり、
およそ司法書士試験合格という目標には全く関係のないことです。

年内もあっという間ですね。
急に寒くなってきましたが、体調には重々お気を付け下さい。


 他の受験生の方のブログはこちらから御覧頂けます。

にほんブログ村 にほんブログ村にほんブログ村
無題
(※クリックして頂くと中身を御覧頂けます、P3本年度筆記試験合格者のお声)






無題
無題
ミニマムテキスト(イメージ)
1
⇒