あけましておめでとうございます。

遂に年が明けて本格モードになりました。
年内は、なんとなく勉強されている方が
多いと思いますが、これからは違います。
より一層高い意識を持って学習を進めて下さい。

そこで僕から2つ提案があります。


1つ目
「一年の計は元旦にあり」
といいますが、本日の司法書士試験に対する気持ちを
ぜひ、手帳に綴っておいて下さい。
「絶対合格する!」等自身の素直な気持ちです。
残り6カ月・・・
この先プレッシャーなどから必ず勉強が辛く思える時がきます。
応援というのは、周りの方からされることがほとんどですが、
一番力となるのは、自身の素直な気持ちです。
今日という特別な日から生まれた素直な気持ちは、
この先自身への最大の応援となります。


2つ目
本試験の日から逆算した(おそらく7月2日)、残り日数を手帳に書き込んで下さい。
これからは、締め切りを意識した内容の濃い勉強が必要となります。
1日の初めに必ず残り日数を見るようにし、
自身にいい意味でプレッシャーを与えるようにして下さい。
時間は万人に平等です。
これからはその平等に与えられた時間を如何にうまく活用するか?
それが合格へのカギを握ることになります。


本日ご紹介したことは、僕自身が受験生時代実行していたことです。
実際に合格への大きな原動力となり、実際に合格を勝ち取りました。

難関試験に合格するには、覚悟を行動で示す必要があります。
単に”頑張ります”ではダメです。

覚悟を行動で示してください!

2017年度が皆様にとっての特別な年となりますように!


辰已法律研究所 司法書士専任講師 朝倉日出男


他の受験生の方のブログはこちらからご覧いただけます。

にほんブログ村 にほんブログ村にほんブログ村