無題


メインテキストは一冊に絞り込むべきか?

このような疑問を呈することが詭弁かもしれません。
ですが、ここではもう少しその先を考えてみて下さい。

確かに一冊のテキストに集約し、それを徹底的にリピートをかけ、知識精度を高めること。

司法書士試験合格を勝ち取るための王道的なセオリーですね。

ですが、あくまで“参考基本書という形”であれば、
複数の基本書を保有することは全く持って問題ではないですよ。

つまり、核となるテキスト、これは通常予備校テキストと呼ばれるもの。

通常予備校テキストと呼ばれるものは、過去問の中の重要論点、出題可能性の高い論点で
構成されているものです。ですがいかんせん、資格試験合格を第一目的にしているため、
どうしても趣旨の部分がたんぱくなことがほとんどです。
この点独学の方は特に気を付けて下さい。

司法書士試験は丸暗記だけでは合格を勝ち取ることはできない試験ですから、
趣旨を修得することに関しては避けて通ることはできません。

つまり、論点だけを端的に掲載されたテキストだけを使用するということは、
自ら応用力を捨てるといっているものです。
自らハンディーを携さえ不利な立場で試験に挑むようなものです。

その点、何か予備校の講義を受講しているであれば、趣旨・理由付け的なものにも必ず触れているため、その点心配無用です。

では、金銭的・時間的関係から独学スタイルを選択する場合、どうすればいいのか?

 

まず、メインとなる予備校本を一冊用意する。あくまでこれがメインであり、中心です。
にその予備校本を“補完する意味合いで”所謂定評のある基本書を補足的に参考する。

 

 

 無題
これが、一番無駄なのない学習法ですね。

 

大事なこと・分からないこと・理解できないことをほおっておかないこと!

 

めんどうだから、いずれ分かるようになればいいやと言った塩梅だと、
その論点部分が後発に積み重なり収集つがかなくなります。


但し注意点として、基本書に過度に寄り掛からないようにして下さいね
基本書は学者さんが綴った書籍であり、興味もかなり持てることかもしれませんが、
いかんせんここでの位置づけは“予備校本の趣旨補完”それ以上でもそれ以外でもありません。

丁度、木乃伊取りが木乃伊になるならないようにお気を付け下さい。

基本書は、 決して通読はせず、予備校本の表現で分かりづらい箇所を
参考にする辞書という位置付けです。


他の受験生の方のブログはこちらから御覧頂けます。

にほんブログ村 にほんブログ村にほんブログ村