先ほど、法務省から本年度の合格発表が行われました。

平成31年度司法書士試験筆記試験の結果等について(法務省HP)
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji05_00357.html



合格を勝ち取られた方へ

本当におめでとうございます。
司法書士試験を目指し、合格という形になった瞬間です。
今日のことは、おそらく生涯忘れられないと思います。
口述試験を含め、これから研修・実務等で忙しくなりますので、
いい意味で覚悟して下さいね。

残念な結果だった方へ

今はショックを受け、放心状態かもしれません。
このショックは特に合格に近ければ近い程大きいものです。

私も今は講師を担当させて頂いておりますが、
一発合格ではなく、何度も悔しい思いをしています。

今回の結果で司法書士試験を終えられる方、再チャレンジされる方。
特に前者の方についてですが、何も今すぐ決める必要はありませんが、
少し時間をおいて(例えば来週)、もし仮に1ミリでも心残りがあるのであれば、
再チャレンジをして来年度の合格をもぎ取って下さい。

前述した通り、私は一発合格ではなく、何度かこの試験にチャレンジしています。
その時に考えたことは、心残りがあるか
どうかでした。

キレイさっぱり、違う道に進むことと、司法書士試験合格を何としても勝ち取ること。
両者を天秤にかけた時にどうしても私には心残りがありました。

その時の気持ちは本当に苦しいものですが、
苦しい中においても、自分なりに敗因を分析し、前に進み、今に至っています。

分からないものですが、そんな私が今は講師をさせて頂いています。
当初は一発合格ではない私などが・・・
と色々と思うことが正直ありましたが、今は全く思っていません。

一発合格ではなく、複数の受験経験によって、
・謙虚さ
・勉強に対する痛み、そして受験生の苦しみ
・正しい勉強、そうでない勉強
・受験生が本当の意味で何を求めているのか?
等・・・
今では、その全てが講師である私にとっての財産になっています。

このように前向きに捉えることができるようになるには、勿論、時間が必要だと思います。
ですが、物事それ自体ではなく、物事それ自体をどう捉えるか?
私にとって、そのことを本当の意味で学ばせて頂いたのが、この司法書士試験です。

今回残念だった方が、来年度合格を勝ち取って、
残念だったこともすべて含めて、結果的にいい意味で人生の糧にできればと
私は講師業を通じて応援させて頂きます。


他の受験生の方のブログはこちらから御覧頂けます。


にほんブログ村 にほんブログ村にほんブログ村




________________________________________________________________________________________________



『こうやってはいけない!テキスト・カコモンの回し方』

  
▼レジュメはコチラ

http://bit.ly/2Np60DY



『2020年司法書士試験対策「択一で逃げ切る講座」民法1』

2020年向けの「択一で逃げ切る講座」初回の民法1を特別に無料公開いたしました。
本講座の目標は、「択一で午前30問、午後30問で取る」ことです。
そして合格を手にするには「知識の正確さ」を高めるための
徹底的な「繰り返し」が必要です。
本講座では、講師自身の経験と過去の出題実績を元に絞りこんだ
オリジナルテキストを使用し、点につながる情報をミニマムにまとめ知識精度を高めます。




▼レジュメはこちら
http://bit.ly/2z1IQdr
http://bit.ly/2Nbleez
http://bit.ly/2TFrwEl




↑このページのトップヘ