誰にでも得意論点、苦手論点はあります。
ですが、司法書士試験のような高い得点率が求められる試験では、
苦手だからといって、当該論点を無視するわけにはいきませんね。
それを踏まえ、今回は苦手論点を克服する、網羅的な学習のコツについて綴らせて頂きます。

具体的には、過去問集を演習しながら、自身の得手不得手を一度色分けてみると効果的です。

・趣旨、理由までしっかりと修得しているもの。

・何となく、又は全く分からないけれども、とりあえずは答えを覚えているもの。

ここで、強く意識して頂きたいのが後者です。

“何となく、又は全く分からないけれども、とりあえずは答えを覚えているもの”。

このような問題は、過去問を何度も回すことによって、
答えを覚えてしまっているため結果的に解答はできても、
それは、問題を“解いた”のではなく、単に問題と答えを”覚えていた”だけです。

問題を解くとは、原則、趣旨・理由まで遡って、
問題に対する論点に解答を導くことができるということを意味します。

そうでなければ、少し問題表現を変えられてしまうだけで、
対応することができなくなってしまうからです。

例えば、民法で危険負担の問題を解いてみたが、

条文(テキストの表)等を覚えていたので、そのまま当てはめて結果的に解答はできた。
でもなぜこの場合、債務者主義、債権者主義となるのか、理屈はいまいち分かっていないな。
じゃあ、テキストに戻ろう、講義で説明を受けた理由付けをもう一度確認してみよう。

これですね。

よく、過去問を演習しているときは過去問だけ見る、という方がいらっしゃるのですが、
過去問集に掲載されている解答に至る説明部分は、
スペースの問題から簡素過ぎるものがときに見受けられます。

その際により詳しく調べていく、
つまり辞書的な位置づけとしてテキストを活用してみるといいですね。
苦手論点が出てきたときに、テキスト等で確認するということです。

このことは、例えるならば合格というパズルを作り上げるにあたって、
空いているピースを埋め込む作業のようなものです。
繰り返しますが、高い得点率が要求される司法書士試験においては、
決して捨て論点等存在しません。
全てのピースをはめ込みパズルを完成させることによって、
始めて合格を勝ち取ることができる試験です。

最初は少し大変かもしれませんが、
徐々に苦手論点の数が少なくなりますので、御安心下さい。


他の受験生の方のブログはこちらから御覧頂けます。


にほんブログ村 にほんブログ村にほんブログ村