朝倉日出男(司法書士試験講師)

可処分時間の少ない方(お仕事をされながらの方、主婦の方等)を応援します。 辰已法律研究所で司法書士試験の講師させて頂いている朝倉です。 自己紹介 ⇒ https://goo.gl/6loSQh 担当講座 ⇒ https://goo.gl/kq3Gau

カテゴリ: 受験生へのエール

無題
早いもので後残り僅かですね。

何を勉強すればいいのか迷われている方もいらっしゃると思います。

私の場合、合格した年、最後の最後のこの時期、
時間のある限り、問題意識化して読み込むことに注意しながら、
ひたすら、
テキストの読み込みをしていました。
・過去問であのように問われていたなとイメージしながら。
・反対概念、類似概念を喚起しながら。
・登記法学習の際、記述を意識しながら。

100%完成させて、本試験当日を迎えることができればいいのですが、
司法書士試験において、それはあくまで理想論だと思います。
例え結果として上位合格を勝ち取る方であっても、
自身の不完全さに苛まれ、もがき、苦しみつつ、不安の中、本試験当日を迎える。

皆さん不安ですよし、勿論、私もそうでした。

それでも最後の最後まで不完全さを完全に少しでも近づけようと、
とにかく歩を進める(勉強をする)。

スポーツと違い、資格試験対策の場合、最後の最後まで実力を伸ばすことは可能です。

後数日、されど数日。

是非、最後の最後まで、自身の合格可能性を高めてみて下さい。

必ず合格しましょう!





他の受験生の方のブログはこちらから御覧頂けます。

にほんブログ村 にほんブログ村にほんブログ村


無題
本試験まで、後わずかですね。
何をすればいいのか、色々な意味で混乱されている方もいるかもしれませんが、
要約すると択一対策は、下記の点が大切となります。

・過去問を90%強仕上げておくこと。
・+αをテキストから修得しておくこと。
上記2点を、可能な限り趣旨を意識し知識を整理しながら記憶すること。

このように考えると、やるべきことが山積みかもしれません。
ですが、本試験の当日、誰もが100%の状態で臨むことはできません。
とはいえ、100%に近付ける意識は最後まで必要です。

今がまさに踏ん張りどころですね。
この直前期のために今まで勉強を積み重ねてきたといっても過言ではありません。
確実に歩を進めて行きましょう。


因みに、下記動画は、本年度の公開講義(無料ガイダンス)
『仮処分&判決による登記』です。
もしこの論点に、苦手意識が残っているのであれば、一度確認してみて下さい。
 


▼レジュメはこちら
http://bit.ly/2B6i056
http://bit.ly/2WskzaW



他の受験生の方のブログはこちらから御覧頂けます。


にほんブログ村 にほんブログ村

1
1
1







▼レジュメはこちら
http://bit.ly/2B6i056
http://bit.ly/2WskzaW





『こうやってはいけない!テキスト・カコモンの回し方』

  
▼レジュメはコチラ
http://bit.ly/2Np60DY










1
勉強はしたいのに、どうしてもモチベーションが高まらない。
ただでさえ本試験まで時間が無いのに・・・
このような相反する気持ちに揺さぶられている方も多いと思います。

モチベーションの高め方。

勿論十人十色ですが、私の場合は、そのような気持ちに襲われたときは、
"リアルな"偉人の伝記を15分だけ目を通すことにしていました。
リアルなというのは、まさに今の時代を生きているという意味です。
歴史上の人物でもいいのですが、どうしても実感が湧かず鼓舞されなかったためです。
ですが、同時代を今生きている偉人の言葉は、よりリアリティがあり、
私の場合、大きく心に響きました。

もう一つが、合格後のその後を考えることでした。
合格を通過点として何をしたいのか?
そのため、この合格という通過点が何を意味するのか?
そのように捉えると、「こんなところでグズグズしていられない、さっさと終わらそう」
と気持ちがまた鼓舞されました。

先に述べたように、モチベーションの高め方は十人十色。
何が良い悪いの二分論ではなく、自身に合ったものを意識してみることが大切ですね。

他の受験生の方のブログはこちらから御覧頂けます。


にほんブログ村 にほんブログ村 

1
1







▼レジュメはこちら
http://bit.ly/2B6i056
http://bit.ly/2WskzaW





『こうやってはいけない!テキスト・カコモンの回し方』

  
▼レジュメはコチラ
http://bit.ly/2Np60DY










1
択一問題と対峙した際、多くの受験生の方が、
無意識に解答根拠を探っています。
本日は、それを可視化して考えてみましょう。

私は、下記の順に検討することが一番効果的だと思います。
無題
5肢ある中で、まず過去問と同様の肢を探す。
受験生のレベルがかなり高い司法書士試験では、
過去問同様の肢はもはや出題者からするとサービス問題に位置付けられていると思われます。
まずは、過去問と同じ肢を検討する。

上記①で問題を組み合わせ答えが出ない場合
(ほとんどの問題がそうだと思いますが)、②以下に進みます。

まずは、②過去問では直接問われていないが、テキスト掲載肢を探す。
どのテキストも過去問+αが掲載されていると思われますので、
そこから組み合わせてみる。

それでも答えが出なければ、次に③趣旨から推測する。
ここからが、本当の意味で差が付くところですね。
本試験では絶対に目にしたことがない問題が出題されますので、
普段から、丸暗記だけではなく、趣旨を意識した丁寧な学習を意識しているかどうか?
この力が試されます。

最後の④対立利益について、
これは、上記③趣旨と被るところがありますが、
趣旨がどうしても思い浮かばない場合に効果的です。
こっちの立場とあっちの立場どちらの言い分も一理ある。
でもこの場合どちら側を重視した方が、公平に解決できるのか?

以上、全ての論点が必ず上記で処理できるわけではないですが、
効果的な手法ですので、一考してみるといいですね。



他の受験生の方のブログはこちらから御覧頂けます。


にほんブログ村 にほんブログ村



1







▼レジュメはこちら
http://bit.ly/2B6i056
http://bit.ly/2WskzaW





『こうやってはいけない!テキスト・カコモンの回し方』

  
▼レジュメはコチラ
http://bit.ly/2Np60DY





1
いよいよ4月に入りましたね。

この時期からは、ほとんどの受験生の方が、
生涯経験されないぐらい勉強をされると思います。

自身の結果に対して、
責任を持つことを今まで以上に意識しつつ日々を過ごす必要があるため、
ここからの日々は本当に苦しいです。

ですが、ここからが本当の意味での勝負所です。

是非、日々極限まで勉強に励んで下さい。

私自身も合格した年、この時期、勉強以外のことは何も知らない状態でした。
スマートフォンも全く触れず、TVも見ずですので、
本試験後は、ある意味浦島太郎状態だったことを覚えています。

不安はもちろんあると思いますが、
毎年の合格者でこの時期不安を感じることが無い方はいらっしゃいません。
逆にいうと、合格可能性が十分にあるからこそ、不安を感じるものですよ。

応援しております。



他の受験生の方のブログはこちらから御覧頂けます。


にほんブログ村 にほんブログ村

1







▼レジュメはこちら
http://bit.ly/2B6i056
http://bit.ly/2WskzaW





『こうやってはいけない!テキスト・カコモンの回し方』

  
▼レジュメはコチラ
http://bit.ly/2Np60DY




↑このページのトップヘ