.

カテゴリ: 学習法

1


直前期真っただ中ですね。

先日、答練の解説で東京本校にお邪魔したときに多く御質問を受けたのが、
本試験までのスケジュールです。

勿論、それぞれの立ち位置によりけりな部分は否定できませんが、
最大公約数的にお話させて頂くと、
6月以降(約一カ月)は、本番での万が一の度忘れを防ぐため、
過去問・テキストを確実に解答できるものも含め全て1周して下さい。
そこから逆算すると、所謂”攻めの勉強”は、5月末までです。


つまり、5月末までのこの時期が一番の勝負どころです。
記憶から漏れている論点は、必ず記憶する。
記憶が苦手な方は、意識の持ち方を変えてみて下さい。
・類似論点と混同していないか(知識の整理)
・イメージ付けができているか(趣旨等)

上記を意識していなければ、不要な情報として脳は生存のため、
記憶を否定します。
逆にいうと、上記を意識することで記憶定着度は格段に上昇します。

大丈夫!


他の受験生の方のブログはこちらから御覧頂けます。


にほんブログ村 にほんブログ村 



 

過去問演習に関して、あくまで資格試験対策として捉えるのであれば、
”解く”というより、”確認”する姿勢が大切になりますね。

問題を解答するにあたって、本来は、下記の手順を踏むのですが、
プレゼンテーション1
あくまで本試験で得点することができる能力を養うこと
重視して考えるのであれば、過去問演習時における、
正しい思考は、下記の順になりますね。2

よく似ているのですが、思考過程が違います。
①問題を読む(その際何が論点となっているのか?意識する)。
②それに対する答えを確認する(この段階では、結論だけでOK)。
③①②を論理的に繋ぐ理由を確認する。

ここでは、特に上記③を意識することが非常に大切ですね。
問題と答えとの論理的繋がりを意識しなければ、
それは問題に解答したのではなく、単に答えを覚えていただけになるためです。
そうすると、いくら過去問を回しても少し形を変えられると対応できなくなる。
逆にいうと、その点を意識した演習をすれば、
過去問を過度に回す必要が無いため、
効率的かつ効果的に学習を進めて行くことができるようになりますよ。



他の受験生の方のブログはこちらから御覧頂けます。


にほんブログ村 にほんブログ村

無題
誰にでも、どうしても記憶できない論点が存在します。

そのようなときは、下記の2点が主たる理由だと思われますで、
逆にこの2点を意識してみると効果的です。

①リピート不足
②理由付け不足


①は、比較的シンプルな理由です。
不思議なことに同じ回数リピートしたからといって、
全ての論点が同じだけ公平に記憶できるとは限りません。
そこで、記憶できないと思われる論点は、
重点的にリピート回数を増やしてみると効果的です。

②実はこの点が主たる理由の方が多いです。
人間は不思議なもので意味のないことは自動消却するようにできています。
自分にとって、そのもの自体に、何か意味がなければ中々記憶することができないのは、
本能的なものかもしれません。
そこで、このような論点に関しては、テキスト、講義等から
理由、意味、趣旨(その論点の存在理由のようなものです)、
を意識した学習をしていくと効果的です。

年が明けて若干焦りの気持ちが出るかもしれませんが、
記憶しづらい論点に関して、上記手法を御参考下さい。


他の受験生の方のブログはこちらから御覧頂けます。


にほんブログ村 にほんブログ村にほんブログ村









誰にでも得意論点、苦手論点はあります。
ですが、司法書士試験のような高い得点率が求められる試験では、
苦手だからといって、当該論点を無視するわけにはいきませんね。
それを踏まえ、今回は苦手論点を克服する、網羅的な学習のコツについて綴らせて頂きます。

具体的には、過去問集を演習しながら、自身の得手不得手を一度色分けてみると効果的です。

・趣旨、理由までしっかりと修得しているもの。

・何となく、又は全く分からないけれども、とりあえずは答えを覚えているもの。

ここで、強く意識して頂きたいのが後者です。

“何となく、又は全く分からないけれども、とりあえずは答えを覚えているもの”。

このような問題は、過去問を何度も回すことによって、
答えを覚えてしまっているため結果的に解答はできても、
それは、問題を“解いた”のではなく、単に問題と答えを”覚えていた”だけです。

問題を解くとは、原則、趣旨・理由まで遡って、
問題に対する論点に解答を導くことができるということを意味します。

そうでなければ、少し問題表現を変えられてしまうだけで、
対応することができなくなってしまうからです。

例えば、民法で危険負担の問題を解いてみたが、

条文(テキストの表)等を覚えていたので、そのまま当てはめて結果的に解答はできた。
でもなぜこの場合、債務者主義、債権者主義となるのか、理屈はいまいち分かっていないな。
じゃあ、テキストに戻ろう、講義で説明を受けた理由付けをもう一度確認してみよう。

これですね。

よく、過去問を演習しているときは過去問だけ見る、という方がいらっしゃるのですが、
過去問集に掲載されている解答に至る説明部分は、
スペースの問題から簡素過ぎるものがときに見受けられます。

その際により詳しく調べていく、
つまり辞書的な位置づけとしてテキストを活用してみるといいですね。
苦手論点が出てきたときに、テキスト等で確認するということです。

このことは、例えるならば合格というパズルを作り上げるにあたって、
空いているピースを埋め込む作業のようなものです。
繰り返しますが、高い得点率が要求される司法書士試験においては、
決して捨て論点等存在しません。
全てのピースをはめ込みパズルを完成させることによって、
始めて合格を勝ち取ることができる試験です。

最初は少し大変かもしれませんが、
徐々に苦手論点の数が少なくなりますので、御安心下さい。


他の受験生の方のブログはこちらから御覧頂けます。


にほんブログ村 にほんブログ村にほんブログ村


繰り返すことは、勉強にとってなくてはならないものですが、
この繰り返しに少し工夫を加えるとなお効果的ですね。

例えば、論点によってはあえて繰り返さず、戦略的に直前期に詰め込み、
その時間を他の本来繰り返すべき論点に意識的に振り分けることも一つのコツです。

あえて繰り返さず、戦略的に直前期に詰め込む一例(不動産登記法択一)
・工場財団の登記
・法定相続情報証明制度

上記論点は、他の論点、他の科目との関連性がない、所謂単発論点であるため、
他の論点を理解するため派生的に必要となることもありません。

であれば、年内に一度趣旨を含め学習しておき、あえて放置し戦略的に直前期に詰め込む。
そこでうまれた時間を他の苦手論点等(仮処分の登記、仮登記等)に振り分ける。

限られた時間をいかに有効に活用するかという観点からは非常に唯意義ですね。


他の受験生の方のブログはこちらから御覧頂けます。


にほんブログ村 にほんブログ村にほんブログ村




________________________________________________________________________________________________



『こうやってはいけない!テキスト・カコモンの回し方』

  
▼レジュメはコチラ

http://bit.ly/2Np60DY



『2020年司法書士試験対策「択一で逃げ切る講座」民法1』

2020年向けの「択一で逃げ切る講座」初回の民法1を特別に無料公開いたしました。
本講座の目標は、「択一で午前30問、午後30問で取る」ことです。
そして合格を手にするには「知識の正確さ」を高めるための
徹底的な「繰り返し」が必要です。
本講座では、講師自身の経験と過去の出題実績を元に絞りこんだ
オリジナルテキストを使用し、点につながる情報をミニマムにまとめ知識精度を高めます。




▼レジュメはこちら
http://bit.ly/2z1IQdr
http://bit.ly/2Nbleez
http://bit.ly/2TFrwEl




↑このページのトップヘ